「元ちゃんハウス」西村元一先生

私が「元ちゃんハウス」を初めて訪れたのは、11月の内見会のことでした。



今朝の北國新聞に見つけた、5月31日西村先生死去の記事。

慎んで哀悼の意を表します。


がん専門外科医がガン患者になり、その闘病をつづった同新聞の連載記事『がんと生きて』を私はずっと拝読していました。


その西村先生がNPO法人「がんとむきあう会」を立ち上げ、がん患者の交流施設として石引に開所した「元ちゃんハウス」。


お話させていただいたボランティアスタッフさんがみな使命と情熱とそして愛にあふれていらっしゃったのがとても印象的でした。


今後もきっと会のメンバーの方々が、ずっと先生の志を継いでいかれることでしょう。


実は『きらめき人生ノート』のホームページに「元ちゃんハウス」という検索ワードから辿り着かれる方が、今でも少なからずいらっしゃいます。


半年前に書いた、たった一度の元ちゃんハウスのこの記事。
それだけ西村先生の成し遂げられたことは大きかったのだと思います。

西村先生は「患者になった医師」というお立場で、先生にしかできない使命を果たされ、バトンを同志に繋いで旅立たれました。


「元ちゃんハウス」の検索でこのホームページに辿り着かれる方がいるということは、私にも「元ちゃんハウス」のために何かできることがあるのかもしれません。

ゆっくりゆっくり考えてみます。

私は私の使命を果たします。



✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
  エンディングノートプランナーが提案する
  家族愛を「4+1」倍深める
  わたし軸ストーリー
 『きらめき人生ノート』

おとな女子の新習慣[キラカツ]で
人生のシナリオ作りしましょ♪
✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
きらめき人生ノート
プロデューサー 坂 理恵
banbanrierie@gmail.com

http://ameblo.jp/kirakatsu

エンディングノート術 きらめき人生ノート

自己愛・家族愛を深めるエンディングノート術「きらめき人生ノート」のご紹介を石川県金沢市から発信いたします。セミナー開催はお気軽にご相談ください♪