おじさんのお鍋

「おじいちゃんのお皿」に続きまして、「おじさんのお鍋」のおはなし。
右の黄色いのが「おじさんの鍋」です。


3年前に亡くなった伯父の香典返しのカタログギフトからチョイスしていただいたもの。
だから「おじさんの鍋」。


ちなみに左のオレンジの鍋はそれより先に我が家にやってきた「ゆりちゃんの鍋」。

大学時代に女子寮でも研究室でも一緒だった友人ゆりちゃんの結婚式の引出物。


このゆりちゃんの鍋がとっても重宝でして♪

直火にかけられて、電子レンジでもチンできて、冷蔵庫にも入るし、食卓にそのまま出してもOK!

この「ゆりちゃんの鍋」がとっても便利だったので、伯父の香典返しカタログに一回り大きな同じ会社の鍋を見つけて迷わず決めました。


ゆりちゃんの鍋より大きいので一度にたくさん作れるし、蓋の高さがちょっと低いので、冷蔵庫に入れる時にも棚にひっかかりにくくとても優秀◎

本当に毎日と言っていいほど「おじさんの鍋」は大活躍です。

もう一回り大きいと今度は我が家の電子レンジには入らなくなるので、これがベストサイズ!


そういえば鍋といえばもうひとつ、ル・クルーゼの赤いかわいい鍋があるのですが、おじさんの鍋が来てから出番がありません。


会社の同僚が結婚祝いにプレゼントしてくれた思い出の品なので、結婚記念日とかにたまには使おうかな(*´ー`*)


伯父が亡くなったのは1月6日。

奇しくも祖母(伯父の母親)と同じ日でした。


祖母の葬儀は大雪だったな。


伯父の葬儀の時は、夫が仕事でどうしても参列できなかったので、私と当時3歳の息子2人だけで遠方まで行けるかどうかギリギリまで悩みました。

でもね、通夜の日の朝がとってもいい天気だったんです。

なんだか伯父が「大丈夫だから、お別れしに来てよ」って言ってくれている気がして、小さなキャリーケース半分ほどオムツを詰めて故郷を目指しました。


おじさん、毎日ありがとね~❤


✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
  エンディングノートプランナーが提案する
  家族愛を「4+1」倍深める
  わたし軸ストーリー
 『きらめき人生ノート』

おとな女子の新習慣「キラカツ」
プレ終活で輝く未来プランニング
✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨
きらめき人生ノート
プロデューサー 坂 理恵
banbanrierie@gmail.com

エンディングノート術 きらめき人生ノート

自己愛・家族愛を深めるエンディングノート術「きらめき人生ノート」のご紹介を石川県金沢市から発信いたします。セミナー開催はお気軽にご相談ください♪