「4+1」のコミュニケーション

『きらめき人生ノート』のコンセプトである

【「4+1」のコミュニケーション】

のお話をここまで何回かに渡ってしてまいりました。

すなわち「きらめき人生ノート」を綴ることによって得られる効果です(^^)v

(1)写真整理を通して自己の肯定をする【自分とのコミュニケーション】(アルバム的要素)

(2)各年代の出来事を言葉で記し、時系列に沿って並べてみる【時間とのコミュニケーション】(自分史的要素)

(3)自己の見つめ直しの中で気が付いた、達成できてきない目標や夢をリスト化していく【理想とのコミュニケーション】(夢ノート的要素)

(4)老後の生活や死後の在り方までもシュミレーションしてみる【未来とのコミュニケーション】(エンディングノート的要素)

そして

(プラス1)生まれ愛されてきた両親へ感謝し、幸せな思い出を共有し、家族としてのこれからを考えていく【親子のコミュニケーション】

この「親子のコミュニケーション」は自分の子供へも受け継がれていくものです。

この「4+1」の特長を持った『きらめき人生ノート』を、多くの方に知っていただけたら嬉しいです(#^.^#)✨

エンディングノート術 きらめき人生ノート

自己愛・家族愛を深めるエンディングノート術「きらめき人生ノート」のご紹介を石川県金沢市から発信いたします。セミナー開催はお気軽にご相談ください♪