親に「終活して」と言えますか?

親御さんに「エンディングノートを書いて」って、アナタは言えますか?

私は言えません…(^_^ゞ

これでも私、

エンディングノートプランナー
終活カウンセラー
終活ライフケアプランナー
生前整理アドバイザー2級
認知症サポーター

の資格を有しております、、、

勤務先は某葬儀場ですし、、、

終活が大切なことなのは誰よりも分かっているはずの私。

それなのに自分の親には薦められないのは、やっぱり「終活」や「エンディングノート」という響きがネガティブなイメージを持っているから。
でも私が『きらめき人生ノート』を書くようになってから、両親もつられて自分達の人生についてちょっと考え始めたみたいです。
昨年は保険の見直しをしていました(^^)

実際、40代・50代の女性が多く所属する女性起業家の会で「プレ終活のススメ」について以前に講演をさせていただいた時、最も共感いただいた部分は、

「親の終活」

についての話。

この手の話題を両親に振ると、悲しまれたり、不快に思われりした経験をお持ちの方も何人かいらっしゃいました。

けれども、前向きに人生の振り返りと未来のプランニングをする「きらめき人生ノート」に、まずアナタ自身が取り組むことで、親御さんにもその影響が波及するかもしれませんよ(*^^*)

これも、

【親子のコミュニケーション】

のひとつですね♪

親子で一緒に、人生の棚卸しをしてみませんか?

エンディングノート術 きらめき人生ノート

自己愛・家族愛を深めるエンディングノート術「きらめき人生ノート」のご紹介を石川県金沢市から発信いたします。セミナー開催はお気軽にご相談ください♪