未来とのコミュニケーション

☆きらめき人生ノートのコンセプト☆

(4)未来とのコミュニケーション


『きらめき人生ノート』を書くことによって「4+1」のコミュニケーション効果があるということをお伝えしてきています。


(1)自分とのコミュニケーション

(2)時間とのコミュニケーション

(3)理想とのコミュニケーション

の3つまで既に説明してきました。


4つ目は【未来とのコミュニケーション】です。


理想とのコミュニケーションでは、「夢リスト」を書き出すことによって、素敵な未来を思い描けたことでしょう。


しかし未来は素敵なことばかりとは限りません。


命には限りがあります。

病気や老いの心配もある。


少しずつ、受け入れる準備もしておきましょう。


ということで、『きらめき人生ノート』にはエンディングノート的機能も持たせてあります。


写真は認知症サポーターの証「オレンジリング」。


老いるということや、肉体を自然に返すことも、愛しい自分自身の一部です。

先のそのまた先の自分のあり方について考えてみることを【未来とのコミュニケーション】と表現しています…


エンディングノート術 きらめき人生ノート

自己愛・家族愛を深めるエンディングノート術「きらめき人生ノート」のご紹介を石川県金沢市から発信いたします。セミナー開催はお気軽にご相談ください♪