理想とのコミュニケーション

☆きらめき人生ノートのコンセプト☆

(3)理想とのコミュニケーション

きらめき人生ノートを書くことで得られる成果として、「4+1」のコミュニケーションという言葉で説明をしております。

先に取り上げた、

自分とのコミュニケーション

時間とのコミュニケーション

に続いては、

【理想とのコミュニケーション】


です。

写真や言葉で半生を記していくと、様々な感情が沸いてきます。

愛されて生まれてきた実感だったり、友人や恩師に支えられ助けられてきたことへの感謝だったり…

自分が好きだと思っていたことや、大切にしている価値観にも気が付くはずです。

私は幼い頃、アイドルや女優さんになりたかった。

そういう視点に立って改めて振り返ると、部活動に音楽や演劇など舞台に立ってパフォーマンスをするものばかり選んできたのは「運動オンチ」という理由ばかりではないように思えます。

また、ピアノを弾けるようになりたかった♪という思いが所々で頭をもたげていました。

「きらめき人生ノート」には「夢リスト」のページがあります。

40歳を過ぎてから私、ピアノを習い始めたんですよ(*^^*)

だって今からでもちっとも遅くはないですから。叶えるための時間もまだまだ十分にあります。

簡単な曲ならば両手で弾けるようになったら、どうやら満足しちゃったみたい(^^ゞ

てなわけで、ピアノはしばらくお休みして、欲張りな私は次のチャレンジへ♪
ピアノはまたやりたくなったら戻ってきます(笑)

皆さまも『夢リスト』作ってみるのはいかがですか?

エンディングノート術 きらめき人生ノート

自己愛・家族愛を深めるエンディングノート術「きらめき人生ノート」のご紹介を石川県金沢市から発信いたします。セミナー開催はお気軽にご相談ください♪